中絶という選択をするときは

img-1

人間もほかの動物と同じように、子孫を残すという義務があります。


そして、それができるのは、女性だけに与えられた尊い仕事です。

よく言われるのは母性が目覚めるのは妊娠をしたときと出産時とされています。



自分の子供が、かわいくない母親はこの世には存在しません。


しかし、仮に妊娠しても産めないときも女性にはあります。その事情がどんなものでも、産めないと選択を決めるのもまた一つの考えです。

そのときには、中絶をすることになります。
この中絶が、時間的にはそんなにかかることもなくまた、麻酔をするので痛みもありません。
しかし、中絶は本当はとても恐い部分も含んでいます。



この事がきっかけで不妊になる人も数多くいます。



そして、体への負担もかなりかかりますがそれよりも精神的なものがかかってきます。



一つの命を、自分で生まれないようにしたことはかなりの心の傷になります。

女性なら、一番避けたい選択ですが誰もが産むことができない理由があるのです。そんな、悲しい思いをしないためにも避妊は確実にすることです。


男性に任せると不安な時がでてきます。



今は、避妊用ピルの効果はとても高く99%と言われています。

毎日飲み忘れなければ効果は、持続していきます。


このように、女性が自ら避妊をすることもいい方法です。望まない妊娠は、全てを悲しい思いにさせます。



失敗ですまないのが、中絶ということです。



命を生まれる前に、消しているということを忘れないことです。



関連リンク

img-2
中絶という選択をするときは

人間もほかの動物と同じように、子孫を残すという義務があります。そして、それができるのは、女性だけに与えられた尊い仕事です。...

more
img-2
体調に異変…体に負担の少ない中絶を選ぶなら

ストレス社会と言われる現代、不規則な生活や仕事での多忙、人間関係の悩みやちょっとしたことでもストレスを感じる方は少なくありません。特に女性にとっては、ストレスの影響が表れやすく、生理周期に伴いホルモンバランスの変動が大きくなる時期に、生理不順やPMS(生理前症候群)など体調を崩す方も多いようです。...

more
top