最近話題のFXについて

FXとは外国為替証拠金取引(mariginForeigneXchangetrading)の略語で、簡単に言えば、外国の通貨を売買することで損益を発生させる取引のことを指します。

外国通貨の売買によって、どうして損益が発生するのかというと、為替レートの変化にその理由はあります。

例えば、日本円を120円=1ドルの時にドルへ交換した後、1ドル=130円の時に日本円に換金しなおすと、10円の利益が発生します。



海外旅行に行く場合などでもこれは起こりうるのですが、それを意図的に利用して資金化するのがFXなのです。
FXは株式投資よりも様々な点で有利な資金獲得方法であるとして近年注目されています。その理由の1つとしてまずあげられるのが、「レバレッジ」という方法を使うことが出来るところです。
この方法は、手元の資金を口座に預け、証拠金として担保にし、その元本に対して、なんと最大25倍までの額で取引をすることが可能になるというものです。


小さな元手でも大きな利益を獲得することが出来るということです。なので、元本に心もとない主婦の方などでも簡単に利用することが出来るようになっているのです。

ただし、利益が何倍にもなる代わりに、損益が出た場合にもそれと同様に何倍にも膨れ上がってしまうので、はじめから25倍に設定して利用すると、取り返しのつかないことになることもままあります。



このようなことから、一般的には上限10倍程度でFXは行われているようです。





Copyright (C) 2016 最近話題のFXについて All Rights Reserved.