FX取引をするうえで心がけたいこと

FXという金融商品に対してどのようなイメージをもたれているでしょうか。

ほとんどの方が、投機性の高いギャンブルだと思っているのではないでしょうか。

その一番の原因は手持ち金額が少なくてレバレッジを聞かすことにより、実際の手持ち金額の最大25倍の取引が出来る仕組みにあります。



FXに対してギャンブル性を感じている方はこのレバレッジに対する誤解を理解して頂ければ株取引等よりも余程安全性の高い投資、金融商品であることが分かって頂けると思います。


それは、レバレッジを1倍や2倍程度に落として買い注文から入る取引を想像してみてください。

銀行の窓口で外貨での預金や積み立てを勧められたご経験のある方はたくさんいらっしゃるはずです。


銀行は安全でFXは危険なんてことは全く見当違いです。

まず、手数料からしても銀行で例えば、アメリカドルを買おうとしたら円からドルへ交換する手数料が約1円かかります。
日本で暮らしていて外国へ行く予定がない方にとってはいずれ円に交換しなければなりませんので結局のところ往復で2円の手数料がかかることになります。長期間保有したら別ですが、仮に1年間でやり取りすると2円かかります。

年利2%だとしたら為替差益が出ていないと手数料の分だけ損をしてしまいます。

銀行での外貨預金も結局のところ、為替差益を狙いにいっていることにかわりません。
その点、FXであれば手数料は1銭もかかりません。



銀行の100分の1ということです。



レバレッジさえ低く抑えておけば、日本との金利差によってスワップポイントが毎日付与されますので、好きなときに安い手数料で売買でき、相場が円高になっても円安になっても利益を狙いにいけるFXは大変魅力的な金融商品であるといえます。



Copyright (C) 2016 FX取引をするうえで心がけたいこと All Rights Reserved.