FXの特徴とメリット

FXとは、「marginForeigneXchangetrading」の略で、円高、円安を予想して、外貨を売買し、為替レートの差額で利益を得る投資です。


外貨預金と同じく対象となる金融商品は外貨です。

1番のメリットは手数料が安く30円~200円ということです。

これは株式投資よりも割安な手数料です。
外貨預金は銀行員を介するため、人件費がかかり、手数料が2、000円~10、000円となりFXよりも割高です。また、2つ目のメリットは、スマホで売買することが可能な為、24時間どんな場所でも取引が可能なことです。

忙しい人でも気軽に始めることができます。また、取引の対象となる通貨は70~80種類の通貨で、何千種類とある株の銘柄よりも選びやすいです。



メジャーな通貨はさらに限られており、米ドル、ユーロ、英ポン、日本円といったものになります。

これが3つ目のメリットです。FXは単一で売買するのではなく、2種類の通貨をペアにして売買するため、これらのメジャーな通貨を組み合わせて売買をするトレーダーが圧倒的に多いです。


株式投資は株を買うことから始まりますが、FXは売りから始めることも可能です。また、レバレッジ(てこの意)という方法を使って、資金を担保に25倍までの金額で取引が行えます。



レバレッジを高くすればするほど、本来の資産よりも高い金額で取引ができるため、利益も損失も大きくなります。

有効に使うことができれば、非常に有利となる仕組みです。





Copyright (C) 2016 FXの特徴とメリット All Rights Reserved.